気になる口臭の原因

口臭の原因〜5つの口臭の原因〜

口臭の原因

口臭の原因はいろいろありますが、特定するのはなかなか難しく対策が上手くいかないことがほとんどです。歯周病とか虫歯だったり、口の中でなく内臓が原因だったりする口臭もあります。


毎日、時間をかけて歯磨きして自分は口臭はないと思っても口臭の原因が歯でなかったらその対策はまったく意味はありません。
口臭の原因となっているポイントについて解説します。

口臭の原因とは

口臭の原因はいろいろありますが原因は大きく分けて5つあります。

だれでも起こる生理的口臭
生理的口臭とは普段生活している中で口の中が乾く状態に起こる口臭です。

どういうときにかというと、就寝していると起きるときの起床時口臭、お腹が空いている時の飢餓口臭、何かプレッシャーを感じて緊張しているときの緊張時口臭があります。

これらの共通点は口の中が乾くということで、口の中が乾くということは唾液が少ない状態をいいます。
唾液は口の中の細菌を抑える働きをしているので、唾液が減少すると細菌が増殖し口臭の原因となってしまいます。

唾液が少なくなり、口の中が渇くと口臭の原因となる。

やっかいな病的口臭
口臭というだけに原因はほとんどが口中にありますが、内臓が悪くなって口臭の原因となっている場合もあります。

口の中の口臭の原因としては歯周病や虫歯、親知らず、舌苔(ぜったい:舌に付着している白い細菌)、歯垢が代表的な口臭の原因となります。

内臓系では内臓疾患や呼吸器系がなんらかの病気で口臭が発生する場合があります。

しょうがないよ!食べ物、タバコ、アルコールの口臭

口臭の原因

臭いのきつい食べ物を食べた後やアルコールの飲みすぎ、タバコの吸い過ぎなども口臭の原因となります。

にんにくたっぷりの食べ物を食べると当然に臭います。

他にもニラやラッキョウもそうですが、にんにくは成分が吸収されて血液に混じり体内に残ります。そして肺に回って呼吸に混じるため次の日まで臭いが残ります。

ストレスが原因の口臭
生理的口臭の緊張時に似ていますが、人間はストレスにより体の調子を悪くする生物です。
精神的なことが唾液を減少させて、口内の細菌が増殖し、結果、口臭の原因となります。
当然、ストレスは内臓系を壊す原因にもなります。

心理的口臭
心理的口臭とは実際には口臭はないのに自分は口臭があり、気になってしょうがないといった症状でポイント4のストレスによる症状につながることです。

口臭治療するにはまず原因をチェック

スポンサードリンク
口臭の5つの原因をあげましたが、自分がどういう要因で口臭がするのかチェックする必要があります。

どんなにいい治療方法をやって対処しても原因が違うのであれば何も解決はしません。

口臭の原因は5つありますが、大きく分けると2つになります。それはポイント1の生理的口臭とポイント2の病的口臭です。

生理的口臭は誰でもあるものですが、病的口臭は原因を特定する必要があります。ひとつひとつチェックして口臭の原因を突き詰めていきましょう。